スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2010.04.10 Saturday, | - | - |

お知らせ

ご報告が遅れてしまいましたが、使い勝手の理由でブログを引っ越しました。
引越先は↓
http://twiy.blog28.fc2.com/
です。
宜しくお願いします。

| - | 2010.04.10 Saturday,18:34 | comments(0) | trackbacks(0) |

心療内科的治療2回目(カラダにも、ココロにも…な治療)

JUGEMテーマ:女性の病気

今日、もとい、昨日は心療内科での点滴2回目でした。

朝一(9時半)からのスタートだったんですが、終ったのが13時過ぎ…。
いや、治療とは言っても、まず20分位掛けて体温めて→その後の点滴1時間弱なので、今まで受けた数々の化学療法に比べたら全然短いんですが…ね…。
その後の診察が思ってた以上に掛かってしまって。診察そのものというより待ち時間に。
しかもこの間の先生(娘さん先生)と違う先生(院長先生)だったんですが…。申し送りしてなかったのか話がちぐはぐで通じてないみたいで重複して説明するハメに。
以後の治療に関する事は娘さん先生に診てもらうのかも不明。
診察らしい診察と言えば、寝る前にレンドルミンの補足で、の意味合いで飲んでいたバランス錠が合わないので、セルシン錠に変えてもらったという事のみ。
今週、金曜日に娘さん先生が担当らしいので、「その時、も一回来て」との事でした。

しかし、何だかんだ言いながらも治療自体は効いている気がする。
何より前々から出ていた舌の異常(舌苔の異常繁殖)が、最近、急激に改善されてきたと実感しているし。
免疫力、賦活して来てるかぁ?!

さて、寝るとしますか。

| 闘病 | 2010.04.07 Wednesday,00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

大人買い

とは言え、うにくろ(【正】UNIQLO)にて、、、ですので、“大人買い”といっても可愛いモノです。
が、近年専ら低コスト主義の私にとっては大人買い同様な買いっぷりをしてしまいました。(一般的な意味合いでは『質より量』的な買いっぷり>あ、でも質も良いですよ、unqlさん)
これにて、'10年(今年)の春・夏・秋の3シーズンの服はほぼ買い終了にて自我的に満足な状態といっても良いでしょう。…恐らく、…いや、多分(早くも意志薄弱)

無地とか地味目なアイテム多めに選びました。柄モノ、無地モノ、9対1ぐらい。
季節はこれから春盛りというのに、黒、グレイ、ネイビー、茶系統といった無彩色なもの。
自分自身での今年のモットーと言うか、テーマ(←いつの間に勝手に作ってた)は、『如何に目立たないようにするか』なので、こういった色味で妥当です。むしろ正しい選択です。
形もなるべく持ち合わせている他のアイテムと合わせ易いものを。
春、秋シーズンは特にレイヤードスタイルとかが定番になっているので、変わったデザインのは控え目にしました。あ、でも、ドルマリンスリーブとか買っちゃってますが。
今年だけでなく出来るだけ使いまわし出来る様に、そしてついでにユニバレもしないアイテムで(w

色々と組み合わせ考えて外に出掛けるのが楽しい、そんな今日この頃です。
去年なんかは病気、病気で、そんな余裕すらなかったでかなりの進歩です。まぁ、今も病気が全快した訳じゃないし、闘病中の身には変わりないですけどね。
しかも、外にお出掛けとか言っても向かう先は病院、クリニック、薬局など大体が医療機関ですし。
まぁ、何で自分自身が楽しけりゃいいんですよ。

| 思いつくままに | 2010.04.06 Tuesday,22:59 | comments(0) | trackbacks(0) |

一日一日が…

何だかんだ言っている間に一日が過ぎてしまいます。
早すぎる。光陰矢の如しとはこの事でしょうか。
もっと日々、大切に過ごさなければならないのに、何をしている訳でもなく気付けば夜になっている。
友人にメールを返信しなければならないのに、元々メール不精という事も重なり、結局のところ後日後日となってしまいます>スミマセン、友人。
やらなければいけない事は山の様。
昨年の秋に出戻ってきた荷物も山の様。
たまの荷物整理に奮闘するも、あまり無理が利かない体であった事に気付く様。
重い荷物持ったらいけないのよ。リンパ節取ってるし。
手術してから一年以上も経つのに、相変わらず鼠径部が痛む。
夕方になると痛みが出て〜寝るまで何となく痛い。
一応、毎日、入浴の際、湯に浸かった時に簡易的なマッサージはしているけれど。
色々と注意しなければいけない事があって、悲しくなるのも現実。
今日も夜が更ける。

| 思いつくままに | 2010.04.04 Sunday,23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |

映画/『グーグーだって猫である』

評価:
コメント:人生を共有する相棒は何も人間だけじゃない。少し前向きになれました。

JUGEMテーマ:邦画
監督:脚本:犬童一心
出演:小泉今日子. 上野樹里 加瀬亮 他

何気なく何も考えないで、それこそHDDの容量があまりないので、録りっ放しだったのをさっさと観て消去してしまおうといった感じでこの作品を選んだ。
そんな理由なので、原作の事前情報なども勿論知らない。
録画した理由も、WOWWOWの上野樹里特集で取り上げられていた作品だったので(樹里ちゃん好き)録っておこうかな…と思っただけだったし>しかも何ヶ月か前の事。

さてさて、物語は愛猫の死といった出来事をキッカケに、しかし、のほほんとした空気感を纏いながらゆっくりと進んでいく。
いい感じにまったりした辺りで思わぬ展開が待ち受けてあった。
それは、主人公が“卵巣がん”を患い、しかも病期もかなり進行した状態で発見されるといった事。
うそーーーーん!私と似たり寄ったりじゃない。(病気に関してのみ)
種類は違えど、同じ女性特有のがんを患う者として、しかも、ステージ(病期)も、、、似たようなもの。
それから私の観点は一変。「分かる、分かる」などと思わず感情移入してしまう程。
絶望感を感じながらも、愛する猫と一緒に生きていこうと思い直す主人公に力づけられた。
私も愛する犬(豆柴)を思い、生きていこうかな…と思ってしまった。
相変わらず一喜一憂な毎日だけれども、少しは気持ちが前向きになれたかな…?

さっき調べて少し情報得たけれど、原作が大島弓子さんの自伝的エッセイ漫画みたいなので、つまりはノンフィクションという事でしょうか。

| 書籍・映像 | 2010.04.04 Sunday,18:10 | comments(0) | trackbacks(0) |

| 1/3PAGES | >>